出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 古代に行われた雑多な芸能。特に、中国から伝来した散楽 (さんがく) 系統の曲芸・奇術。雑伎 (ざつぎ) 。ざつげい。

  1. 平安後期から鎌倉時代にかけて流行した歌謡の総称。催馬楽 (さいばら) など古典的、貴族的なものに対して、今様 (いまよう) 沙羅林 (さらりん) 法文歌神歌など民間から出たもの。「梁塵秘抄 (りょうじんひしょう) 」などに集録。ざつげい。