出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 書道の執筆法の一。筆の軸に親指と人差し指・中指をかけ、薬指を軽く添えて書く法。

  1. 文字の上に薄紙を置き、輪郭だけを線で写し取ること。籠写 (かごうつ) し。籠字。籠抜き。