そう‐こう〔サウカフ〕【装甲】例文一覧 7件

  1. ・・・彼等は、歩兵隊と共に、露支国境の近くへ移って行った。十月には赤衛軍との衝突があった。彼等は、装甲列車で、第一線から引き上げた。 草原は一面に霧がかゝって、つい半町ほどさきさえも、見えない日が一週間ほどつゞいた。 彼等は、ある丘の、も・・・<黒島伝治「雪のシベリア」青空文庫>
  2. ・・・イワノフは「装甲列車」を。リベディンスキーは「一週間」を。ピリニャークは代表的な「裸の年」を書いたのである。 各作家めいめいが、めいめいの傾向のままにそれ等を書いたのであったが、十月革命は、その発展の日常具体的な過程によってあらゆる個人・・・<宮本百合子「五ヵ年計画とソヴェトの芸術」青空文庫>
  3. ・・・国内戦時代のことで、そのような悪童的な放浪の道はたまたま赤軍の装甲列車にぶつかり、そこで汽鑵たき助手などやることがあったりした。そのサーニが、臓品分配のことから刃傷沙汰を起し、半殺しの目にあってシベリアの雪の中に倒れていたところを、その地元・・・<宮本百合子「作品のテーマと人生のテーマ」青空文庫>
  4. ・・・イヴァーノフが「装甲列車」を書いたのにも、積極的な意味での環境の偶然性があったと思う。十月によって人民の文化の生れる社会的可能は拡大され、その基盤は拡大されたが、そのころは文学的才能の存在には「天賦」的事情が多かった。「私は愛す」の作者・・・<宮本百合子「政治と作家の現実」青空文庫>
  5. ・・・テーマに対して群集の有機的な活かしかたこそ、芸術座の「装甲列車」を成功させたのに。 大体、日本にいるとオペラを見る機会がごく少い。いつもレコードでオペラの音楽の抜萃を聞いているぐらいだから、音楽としての美しさだけをつよく局部的にうちこま・・・<宮本百合子「ソヴェトの芝居」青空文庫>
  6. ・・・一九一八年の国内戦のとき白軍が装甲列車をころがしてドン・バスを占領しようと攻撃して来た。ゴルロフカの革命的労働者は社会主義社会建設のためにこの豊富な炭坑区がどんなに大切な意味をもつものであるかということをはっきり知り命をもって守る決意をした・・・<宮本百合子「ドン・バス炭坑区の「労働宮」」青空文庫>
  7. ・・・、フセワロード・イワーノフの「装甲列車」、ファジェーエフの「壊滅」等、みんなこの前後に発表されたものだ。 男の作家たちが、めいめいの傾向に相違はありながら、世界最初の社会主義社会が生んだ文学として、値うち高い成果を示している時、婦人作家・・・<宮本百合子「プロレタリア婦人作家と文化活動の問題」青空文庫>