そう‐こう〔サウカウ〕【××糠】 の意味

  1. 酒かすと米ぬか。転じて、粗末な食べ物。
  1. 値打ちのないもの。つまらないもの。
    • 「清盛入道は平氏の―」〈平家・四〉
  • 名詞

そう‐こう〔サウカウ〕【××糠】の慣用句

  1. 糟糠の妻は堂より下さず
    • 《「後漢書」宋弘伝から》貧しいときから苦労をともにしてきた妻を、富貴になってからも大事にして見捨てない。
  1. そうこうじる【糟糠汁】
  1. そうこうのつま【糟糠の妻】
    • 貧しいときから連れ添って苦労をともにしてきた妻。→糟糠
  • そう‐こう〔サウカウ〕【××糠】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・当時の成上りの田舎侍どもが郷里の糟糠の妻を忘れた新らしい婢妾は権妻と称されて紳士の一資格となり、権妻を度々取換えれば取換えるほど人に羨まれもしたし自らも誇りとした。

      内田魯庵「淡島椿岳」

    • ・・・苦労を掛けた糟糠の妻は「阿呆な将棋をさしなはんなや」という言葉を遺言にして死に、娘は男を作って駈落ちし、そして、一生一代の対局に「阿呆な将棋をさし」てしまった坂田三吉が後世に残したのは、結局この「銀が泣いてる」という一句だけであった。

      織田作之助「可能性の文学」

    • ・・・サア、まことの糟糠の妻たる夫思いの細君はついに堪えかねて、真正面から、「あなたは今日はどうかなさったの。

      幸田露伴「鵞鳥」