出典:デジタル大辞泉(小学館)

(多く「一目散に」の形で副詞的に用いる)わき目もふらずに走るさま。一散 (いっさん) 。「一目散に逃げだす」