出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸中期の語学書。10巻。補編・遺編・続編5巻。伊藤東涯 (とうがい) の草稿を子の伊藤東所が編纂。宝暦13年(1763)の東所の序文がある。漢文の文章作法を説き、同訓異義の漢字を集めてその差異を示したもの。