出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。三番目物。宮中の歌合わせで、小野小町の相手となった大伴黒主は、小町の詠歌を盗み聞いて万葉集に書き入れ、古歌だと主張するが、小町が草子を洗うとその歌の文字が消える。草紙洗。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉