出典:デジタル大辞泉(小学館)

相模国の刀工の一派が鍛えた刀。鎌倉時代、鎌倉在住の新藤五 (しんとうご) 国光に始まり、その弟子岡崎正宗が大成。室町後期には中心が小田原に移り、末 (すえ) 相州物・小田原相州などと称された。