そう‐じょう〔‐ジヤウ〕【層状】例文一覧 1件

  1. ・・・そういう場合には、眼前の数首の歌で一つの面を作っているとすると、その面の上にも下にもいくつもの面が限りもなく層状に重畳していて、つまり一つの立体的の世界がある、その世界の一つの断面がくっきり描かれているような気がします。それである一つの歌と・・・<寺田寅彦「書簡(2[#「2」はローマ数字2、1-13-22])」青空文庫>