出典:デジタル大辞泉(小学館)

双翅目の昆虫の総称。ハエアブガガンボなど。刺す、またはなめるのに適する口をもつ。前翅 (まえばね) 一対は膜質、後ろ翅は退化して棒状で、飛ぶときの平衡を保つ平均棍 (へいきんこん) となる。完全変態をする。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉