そう‐せい〔サウ‐〕【創世】例文一覧 2件

  1. ・・・と云う意味は創世記を信じていたと云うことである。今人は既に中学生さえ、猿であると信じている。と云う意味はダアウインの著書を信じていると云うことである。つまり書物を信ずることは今人も古人も変りはない。その上古人は少くとも創世記に目を曝らしてい・・・<芥川竜之介「侏儒の言葉」青空文庫>
  2. イサク、父アブラハムに語りて、父よ、と曰ふ。彼、答へて、子よ、われ此にあり、といひければ、            ――創世記二十二ノ七 義のために、わが子を犠牲にするという事は、人類が・・・<太宰治「父」青空文庫>