出典:デジタル大辞泉(小学館)

正徳5年(1715)崇禅寺門前で、遠城治左衛門・安藤喜八郎兄弟が末弟宗左衛門の敵 (かたき) 生田伝八郎を討とうとして返り討ちにあった事件。浄瑠璃の題材となった。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉