そう‐ち【痩地】例文一覧 1件

  1. ・・・熊さんが、どこへ持って行っても相手にしない、山根の、松林のかげで日当りの悪い痩地を、うまげにすゝめてくると、また、口車にのって、そんな土地まで、買ってしまった。その点、ぼれていても、おふくろの方がまだ利巧だった。「そんな、やちもない畠や・・・<黒島伝治「浮動する地価」青空文庫>