出典:デジタル大辞泉(小学館)

頭が二つある鷲。二つの権威を一つのからだに有していることの象徴として、古くは神聖ローマ帝国・ロシア帝国ロマノフ朝オーストリア帝国などの紋章に描かれ、また、現在でもアルバニアの国旗に使われている。

[補説]書名別項。→双頭の鷲