そう‐はく【宗伯】例文一覧 1件

  1. ・・・という丁の終りまではシドロモドロながらも自筆であるが、その次の丁からは馬琴のよめの宗伯未亡人おミチの筆で続けられてる。この最終の自筆はシドロモドロで読み辛いが、手捜りにしては形も整って七行に書かれている。中には『回外剰筆』にある通り、四行五・・・<内田魯庵「八犬伝談余」青空文庫>