そう‐ぼう〔サウバウ〕【想望】例文一覧 1件

  1. ・・・すなわち、自己独りではとうてい想望できなかったような高い、美しいイデーや、夢が他の天才の書を読むことにより、自分の精神の視野に目ざめてくるのである。 聖書を読むまでと、読後とでは、人間の霊的道徳性はたしかに水準を異にする。プラトンとダン・・・<倉田百三「学生と読書」青空文庫>