いち‐らく【一楽】 の意味

  1. 一つの楽しみ。
  1. 一楽編み」の略。
  1. 一楽織り」の略。

いち‐らく【一楽】の慣用句

  1. いちらくあみ【一楽編み】
    • 江戸時代、和泉(いずみ)国の根付け師、土屋一楽が始めた、精巧な籐(とう)細工。鼻紙入れ・キセル筒などに用いる。一楽織り。
  1. いちらくおり【一楽織(り)】
    • 縦・横とも染色した糸で綾織りにした絹織物。一楽編みに似ているのでこの名がある。綾糸織り。