そう‐りょう〔‐リヤウ〕【総量】例文一覧 4件

  1. ・・・然し、愛だけはそうでなく、不死で、不滅で、同時に、或人の持つ総量に変ることないのを知った。             ○ 人間が、血縁の深さに惑わされ過ぎることを思う。いつか、人間の如何那関係に於ても、欠けると大変なのは、友情だと云う・・・<宮本百合子「傾く日」青空文庫>
  2. ・・・名状し難い献身、堅忍、労作、巨大な客観的な見とおしとそれを支えるに足る人間情熱の総量の上に、徐々に推しすすめられて来ている。決して反復されることない個人の全生涯の運命と歴史の運命とは、ここに於て無限の複雑さ、真実さをもって交錯しあっているの・・・<宮本百合子「こわれた鏡」青空文庫>
  3. ・・・ 日本の今日の文学が、国民文学という響は総量的である声の前に一層まとまりない自身の姿を示していることには、一朝一夕でない理由があると思う。 小市民的な発生の歴史をもった日本の純文学というものが、その文学の世界の核心であった主観的な自・・・<宮本百合子「平坦ならぬ道」青空文庫>
  4. ・・・一本の幹と、簡素に並んだ枝と、楽しそうに葉先をそろえた針葉と、――それに比べて地下の根は、戦い、もがき、苦しみ、精いっぱいの努力をつくしたように、枝から枝と分かれて、乱れた女の髪のごとく、地上の枝幹の総量よりも多いと思われる太い根細い根の無・・・<和辻哲郎「樹の根」青空文庫>