そう‐りん〔サウ‐〕【相輪】 の意味

  1. 五重の塔など仏塔の最上部にある金属製の部分。下から露盤伏鉢 (ふくばち) 請花 (うけばな) 九輪 (くりん) 水煙竜舎 (りゅうしゃ) 宝珠で構成される。九輪だけをさしてもいう。インドの仏塔の傘蓋 (さんがい) が発展したもの。

そう‐りん〔サウ‐〕【相輪】の慣用句

  1. そうりんとう【相輪塔】
    • 塔婆の一種。1本の柱の上部に相輪を取り付けたもので、下に経巻などを納める。最澄が比叡山に建てたものが最も古く、日光輪王寺のものは有名。