• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

そ‐がい〔‐グワイ〕【疎外】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 嫌ってのけものにすること。「新参者を疎外する」
  1. 人間がみずから作り出した事物や社会関係・思想などが、逆に人間を支配するような疎遠な力として現出すること。また、その中での、人間が本来あるべき自己の本質を喪失した非人間的状態。
  1. 自己疎外 (じこそがい) 
  • そ‐がい〔‐グワイ〕【疎外】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・不安定の入り込む多くの場合には事がらが統計的になるので従来の物理学からはとかく疎外されがちであった。

      寺田寅彦「日常身辺の物理的諸問題」

    • ・・・おそらく世界第一の火災国たる日本の消防がほとんど全く科学的素養に乏しい消防機関の手にゆだねられ、そうして、いちばん肝心な基礎科学はかえって無用の長物ででもあるように火事場からはいっさい疎外されているのである。

      寺田寅彦「函館の大火について」

    • ・・・ 民主主義文学は、小市民の生活感情や現実のうけとりかたにたってかく作家も疎外しない。

      宮本百合子「その柵は必要か」