出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 部下。従者。

    1. 「朕 (われ) にも六天八部の―あり」〈露伴・二日物語〉

  1. 仲間。同類。

    1. 「鬟 (もとどり) なきものは浮屠 (ふと) の―にたぐへて」〈野ざらし紀行

  1. 律令制で、主典 (さかん) 

  1. 明治の官制で、判任文官。属官。

  1. 生物分類学上の階級の一。の下、の上に位置する。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉