出典:デジタル大辞泉(小学館)

(「いつの」の形で、またはそのまま体言に続けて用いられる)

  1. 斎 (い) み清めたこと。神聖なこと。

    1. 「―幣 (ぬさ) の緒結び」〈祝詞・出雲国造神賀詞〉

  1. 勢いの激しいこと。威力の強烈なこと。

    1. 「―の男建 (をたけび) ふみ建 (たけ) びて」〈・上〉