出典:デジタル大辞泉(小学館)

下級審審理を基礎としながら、上級審においても新たな訴訟資料の提出を認めて事件の審理を続行して判決をすること。また、その審級。→事後審覆審 (ふくしん) 

[社会/法律]カテゴリの言葉