出典:デジタル大辞泉(小学館)

浮世のちり。俗世間の煩わしい事柄。「俗塵を避ける」

出典:青空文庫