出典:デジタル大辞泉(小学館)

蕉風の俳論で、俳諧は日常の俗語・話し言葉を用い、それを雅語に匹敵するものに高めて風雅を表すべきだとするもの。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[四字熟語]カテゴリの言葉