ぞく‐ちょう〔‐テウ〕【続×貂】例文一覧 1件

  1. ・・・僅かに『神稲水滸伝』がこれより以上の年月を費やしてこれより以上の巻を重ねているが、最初の構案者たる定岡の筆に成るは僅かに二篇十冊だけであって爾余は我が小説史上余り認められない作家の続貂狗尾である。もっともアレだけの巻数を重ねたのはやはり相当・・・<内田魯庵「八犬伝談余」青空文庫>