出典:デジタル大辞泉(小学館)

表と裏との間に中陪 (なかべ) を3枚加えて仕立てた唐衣。一説に、地紋の上にさらに五彩の色糸で文様を織り出した唐衣。

「若き人は菊の―を心々にしたり」〈紫式部日記

[生活/ファッション]カテゴリの言葉