そく‐めつ【×熄滅】例文一覧 1件

  1. ・・・ 彼等は、その熄滅することのない勇気と、探究の努力とを、「今」というあらゆるときにおいて、徹底させて行ったばかりなのである。 いつも謙譲に、その人々は美くしいものを、讃め、尊ぶことを知っていたと同時に、讃めるにも、尊ぶにも「彼自身」・・・<宮本百合子「地は饒なり」青空文庫>