そぐわ◦ない〔そぐはない〕 の意味

  1. [連語]《動詞「そぐう」の未然形+打消しの助動詞「ない」》⇒そぐう
  • そぐわ◦ない〔そぐはない〕の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・が、三浦の愛の相手として、私が想像に描いていた新夫人に比べると、どこかその感じにそぐわない所があるのです。

      芥川竜之介「開化の良人」

    • ・・・ここは構わないで、湯にでも入ったら可かろうと、湯治の客には妙にそぐわない世辞を言うと、言に随いて、ではそうさして頂きます、後生ですわ、と膠もなく引退った。

      泉鏡花「鷭狩」

    • ・・・一枚一枚に眼を晒し終わって後、さてあまりに尋常な周囲を見廻すときのあの変にそぐわない気持を、私は以前には好んで味わっていたものであった。

      梶井基次郎「檸檬」