出典:デジタル大辞泉(小学館)

[代]

  1. 中称の指示代名詞。聞き手に近い場所、また、聞き手と話し手の双方が承知している場所・事柄をさす。

    1. ㋐その場所。「―にある袋」

    2. ㋑その点。その事。「―がむずかしいところだ」

    3. ㋒その局面。「―でベルが鳴った」

    4. ㋓その程度。それほど。「―まで言うなら仕方がない」

    5. ㋔あなたのところ。

      「―にこそ多くつどへ給ふらめ」〈・帚木〉

  1. 二人称の人代名詞。おまえ。そなた。

    1. 「―は今年何歳になりおる」〈魯庵社会百面相

  1. 不定称の指示代名詞。漠然とある場所をさす語。どこ。どこそこ。

    1. 「思ふどち春の山辺にうちむれて―ともいはぬ旅寝してしか」〈古今・春下〉

出典:青空文庫