出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]
  1. (多く「…もそこそこに」の形で)ある事を十分しおえないで先を急ぐさま。「食事もそこそこに出かける」

  1. 十分ではないが一応のレベルにあるさま。「そこそこの評判を得る」

[接尾]数量を表す語に付いて、それに達するか、達しないかの程度である意を表す。「四〇そこそこの男」