出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《「其処 (そこ) は彼 (か) と」の意という》
  1. (あとに打消しの語を伴って用いる)どこそことはっきりとは。確かには。

    1. 「悩み給ふさま―見えず」〈・若菜下〉

  1. 何となく。あれやこれやと。

    1. 「―思ひ続けて来てみればことしのけふも袖はぬれけり」〈新古今・哀傷〉