出典:デジタル大辞泉(小学館)

[代]中称の指示代名詞。
  1. 聞き手のいる場所のあたりをおおまかにさす。そのあたり。そのへん。「其処らを散歩してくる」

  1. 聞き手に関する事柄のだいたいの程度をさす。そのくらい。そのへん。そこいら。「其処らが妥当だ」

[名]数量を表す語に、多く助詞「や」または「か」を介して付き、その数量に近いことを漠然とさしていう。その程度。そのくらい。「十 (とお) や其処らの子供にはわかる道理がない」「駅まで二〇分か其処らで行ける」