出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 民事訴訟で、訴えを提起するときに、当事者・法定代理人、請求の趣旨および原因などを記載し、第一審裁判所に提出する書面。

  1. 中世の訴訟で、訴人(原告)が訴えの趣旨を書いて幕府や領主に提出した文書。申し状。→陳状

出典:gooニュース

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[社会/法律]カテゴリの言葉