出典:デジタル大辞泉(小学館)

《料理されるためにまないたにのせられた魚の意から》相手のなすに任せるより方法のない運命のたとえ。まないたの鯉 (こい) 。