出典:デジタル大辞泉(小学館)

訴訟当事者として自ら訴訟行為をし、また相手方や裁判所の訴訟行為を受けることができる能力。

[社会/法律]カテゴリの言葉