出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「はしり」は音の似た語を繰り返して意味を強めたものか。一説に「素知り端 (は) 知り」とも》

  1. 物事の一部分。

    1. ㋐ちょっとした会話。

      「おのれ等が―に、兄弟子の中言 (なかごと) を言ひをるか」〈浄・氷の朔日

    2. ㋑少しばかり。

      「―は、及ばずながら存じてをりまする」〈伎・黄金鱐〉

  1. 《「そしり」を「謗 (そし) り」と解釈したところから》悪口。

    1. 「同じ女中達と寄りこぞって内の事を―さ」〈滑・浮世風呂・三〉