出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 灌漑 (かんがい) ・給水・発電などのため、土地を切り開いてつくった水路。「琵琶湖―」

  1. 水になじみにくいこと。水との親和性が弱いこと。⇔親水