そそり の意味

  1. 《動詞「そそる」の連用形から》
  1. 浮かれ騒ぐこと。
    • 「下京の若手どもが―に目覚めてみれば」〈浮・諸艶大鑑・一〉
  1. 遊郭などを浮かれ騒ぎながらひやかしてまわること。また、その人。
    • 「夏になると―ばかり多くって、銭になるやつは少ねえぞ」〈洒・卯地臭意〉
  1. そそり芝居」の略。
    • 「顔見世舞ひ納めの日、―とて…二幕三幕ほど素人狂言をするなり」〈劇場新話・上〉
  1. 茶の品質の名称。葉の巻き縮んでいないものを選び揃えた、中等のもの。〈和漢三才図会〉
  • 名詞

そそりの慣用句

  1. そそりうた【そそり歌】
  1. そそりきょうげん【そそり狂言】
  1. そそりしばい【そそり芝居】
    • 歌舞伎で、千秋楽の日などに、配役を取り替えたり、故意に筋や演出を変えたりして、余興としてふざけて上演した芝居。そそり狂言。
  1. そそりぶし【そそり節】
    • 遊里を客がひやかしながら歩くときなどに口ずさむ流行歌。投節(なげぶし)など。そそりうた。ぞめきうた。
  • そそりの例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 奴は聞き覚えの節になり、中音でそそりながら、くるりと向うむきになったが早いか、ドウとしたたかな足踏して、「わい!」 日向へのッそりと来た、茶の斑犬が、びくりと退って、ぱっと砂、いや、その遁げ状の慌しさ。

      泉鏡花「海異記」

    • ・・・其にしても、総ての感情、理智の燃焼を透し、到る所に貴女のろうたきいきどおりとでも云うべきものが感じられるのは、非常に私の感興をそそりました。

      宮本百合子「大橋房子様へ」

    • ・・・自分はここにその個所を紹介することによって右の書に対する関心を幾分かでもそそりたいと思う。

      和辻哲郎「アフリカの文化」