出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「そっこん」》

[形動]心底からほれ込んでいるさま。「彼は彼女にぞっこんだ」
[副]心から。まったく。「ぞっこんほれ込む」
[名]心の底。しんそこ。
    1. 「ああ―から嬉しかろ」〈浄・関八州繋馬〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース