そつ‐じ【卒×爾/率×爾】 の意味

  1. [名・形動]
  1. にわかなこと。また、そのさま。だしぬけ。突然。
    • 「驚ろかされた人のように、―な質問を掛けた」〈漱石明暗
  1. 軽率なこと。また、そのさま。かるはずみ。
    • 「為朝―に死すべからず」〈読・弓張月・続〉
  1. 失礼な振る舞いをすること。無礼。
    • 「何の遺恨も候はねば―いたさん様もなし」〈浄・碁盤太平記
  • 名詞

そつ‐じ【卒×爾/率×爾】の慣用句

  1. そつじながら【卒爾乍ら】
    • [副]突然で失礼だが。人に声を掛けたりするときに用いる。「卒爾乍ら少々おたずねします」
  • そつ‐じ【卒×爾/率×爾】の例文

    出典:青空文庫

    • 卒爾に物を申し出したる咎、又過言にも聞えかねぬ申しごと、若い者の無邪気の事でござる。

      幸田露伴「雪たたき」