出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「」はひなが卵の殻を破って出ようとして鳴く声、「啄」は母鳥が殻をつつき割る音》

  1. 禅宗で、導く師家 (しけ) と修行者との呼吸がぴたりと合うこと。

  1. またとない好機。

    1. 「利家も内々かく思ひ寄りし事なれば、―に同じ」〈太閤記・四〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉