出典:デジタル大辞泉(小学館)

露がかかって袖がぬれる。また、涙で袖がぬれる。

「草の葉にあらぬたもとも物思へば―・く秋の夕暮れ」〈山家集・下〉