出典:デジタル大辞泉(小学館)

港に波が打ち寄せて騒ぐように、袖に涙がひどく流れる。

「思ほえず―・ぐかなもろこし舟の寄りしばかりに」〈伊勢・二六〉