そ‐てい【措定】例文一覧 1件

  1. ・・・ロティシズムの傾向も、その作家たちの主張するところによれば、いずれも封建的な日本の偽善と形式的独善の風習への反抗であり、ある主張によれば軽薄にいわれている日本の民主的解放という流行語にたいする辛辣な反措定としての人間性の露出と主張されていま・・・<宮本百合子「一九四六年の文壇」青空文庫>