出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 古く、書面の袖(右端)に字句を書き添えたこと。また、その字句。国司などが認否の文言を記したものが多い。

  1. 手紙の追伸。古くは書面の袖に書いた。おってがき。