出典:デジタル大辞泉(小学館)

戦場で敵味方を見分けるため、鎧 (よろい) の袖につけたしるし。主に布切れを用いた。袖の笠標 (かさじるし) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉