出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 端袖 (はたそで) のついた長袖の衣。

    1. 「宮人の―秋萩ににほひ宜 (よろ) しき高円 (たかまと) の宮」〈・四三一五〉

  1. 袖のついた衣。肩衣 (かたぎぬ) に対していう。

    1. 「頸付 (うなつき) の童髪 (わらはがみ) には結ひ幡 (はた) の―着し我を」〈・三七九一〉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉