出典:デジタル大辞泉(小学館)

袖にかかる露。袖が涙にぬれるたとえ。

「暮れかかるむなしき空の秋を見ておぼえずたまる―かな」〈新古今・秋上〉