出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. こっそりと。そっと。

    1. 「帯の間より時計出して、―見やるを」〈木下尚江火の柱

  1. 少し。ちょっと。そっと。

    1. 「たべ酔ひ候へども、御所望を仕らねば慮外にて候ふほどに、―いたさう」〈咄・きのふはけふ・上〉